北海道旬直とは

 北海道旬直は「北海道の安全な食だけをお届けします」

お客様がいつも食べるものだからこそ、北海道旬直で提供している農産物は安全でなければなりません。
北海道旬直ではJGAPの取得を推奨しており生産者が栽培方法から生育状況まで記録・管理し、お客様が安心できる農産物を販売しております。

 北海道旬直はJGAPの指導員資格を保有しております

JGAPとは農林水産省が推奨している制度で、農場管理の基準となります。
食の安全や環境保全に取り組むに認証制度として世界各国でも導入が進められております。JGAPの基準には、120個以上のチェック項目があり、農薬・肥料・設備管理など明確な基準が定められており、その指導を行うことができるのがJGAP指導員です。

安全な農産物を提供するために、北海道旬直は年に数回農場検査を行いより安心できる農産物をお届けします。

 北海道旬直では安全な食をお届けするためにいずれかの生産方法で栽培する規定を設けています。

◯自然栽培
自然栽培とは農薬や化学肥料は一切使わず植物と土、自然本来の力で育った農産物となります。
自然と人が共存して作物を育てていき、作物そのものの力を引き出します。
栽培には時間と手間がとてもかかりますが、消費者が安心して食べられる農産物となります。

◯有機栽培
有機栽培とは有機JAS認証を取得した農場で作られた、農産物になります。
有機農産物の生産方法を「堆肥などにより土づくりを行い、多年生作物の場合は収穫前3年以上、その他の作物の場合は播種又は植え付け前2年以上の間、原則として化学的に合成された肥料や農薬は使用しないこと。遺伝子組換え種苗を使用していないこと」と規定されています。
有機認定された農場では指定された農薬や化学肥料は散布されることはありません。
化学合成された農薬や肥料などを使わずに作られた農産物になります。

◯特別栽培農産物
特別栽培農産物とは節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培された農産物のことを特別栽培農産物と言います。
この特別栽培農産物には、農薬未使用や農薬無散布の農産物も含まれますので、安心して食べていただくことが可能です。

◯JGAP
JGAPとは「Japan Good Agricultural Practice」の略で、農業生産工程管理手法と訳されます。
農産物を生産する現場において、生産者が生産工程全体を見渡し注意すべき項目を定め、これに沿って農作業を実施・記録し、記録を検証し、次の生産に向けて作業の改善に結びつけていく手法となっています。
GAP取得に向けて取り組みの生産者も含まれております。
北海道旬直ではJGAP指導員の資格を取得しておりますので、JGAP取得を行なっていない農場に農場管理・農産物の生産履歴など食品事故が起きないように指導を行なっております。

◯HACCP認証
エゾシカ肉・樽前湧水豚はHACCPの手法を取り入れた衛生管理を行っております。
衛生管理を徹底しておりますので、安心して食べていただくことが可能です。

 お届けについて

農産物は収穫後が一番美味しいとされるものが大多数を占めますが、生産者が最も食べごろと考えるタイミングで発送し、美味しい時期を逃さないように発送させていただきます。
そのため、お届け日の指定を承っておりませんので、ご了承ください。

 法人向け・業務用等ご要望に合わせた商品のご提案をいたします

各種取り扱い商品の法人向け・業務用の販売を行なっております。
有機栽培・特別栽培・JGAP認証農場を取得している農家をメインに考えており、北海道の安全な食だけをお届けします。
お届けする生鮮品は全て北海道産になり、市場や本州から仕入れることは一切ありません、農家から収穫後産地直送で新鮮なまま発送いたします。

大量注文のご対応・定期配送・取り扱いのない商品を探して欲しいなど、お気軽にお電話またはメールフォーム・北海道旬直messengerにてご連絡いただければ幸いです。

北海道旬直お客様相談室(株式会社グラッド)
北海道札幌市北区新川2条4丁目7-25
011-214-1742 (土・日・祝を除く10:00~17:00)

ロゴ

北海道旬直(株式会社グラッド)
〒001-0922北海道札幌市北区新川2条4丁目7-25 TEL 011-214-1742

©︎北海道旬直 Hokkaido Shun Choku