北海道米おぼろづきとななつぼしの特徴

梶田さんが作るお米はそれぞれに特徴があります。

 

おぼろづき

2005年に誕生したおぼろづきは低アミロース米と呼ばれ、うるち米の中でもよりアミロース含有量が低く、北海道米の中では粘りが強い品種です。
深川の梶田和宏が作る俺の米はお米そのものに甘みや風味が強く旨味も強いです。

 

ななつぼし

北海道米のななつぼしは、「北斗七星のように輝いて欲しい」との願いが込められており、7つの要素「味」「白さ」「つや」「粘り」「香り」「柔らかさ」「口あたり」のバランスがとても良く、比較的さっぱりした味が特徴的です。

 

kaji-komebukuro

 

土作りから収穫、精米方法までこだわりのお米ですので是非ご賞味ください。

梶田和宏さんのお米は、こちらから購入できます

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ロゴ

北海道旬直(株式会社グラッド)
〒001-0922北海道札幌市北区新川2条4丁目7-25 TEL 011-214-1742

©︎北海道旬直 Hokkaido Shun Choku